野菜の保存

関連記事

  1. レタスの保存|冷蔵、冷凍の保存方法を紹介・サニーレタスも
  2. サニーレタスが長持ちする保存方法|冷凍できる・芯は残したまま?
  3. レタスの保存方法|爪楊枝で長持ち?ちぎったレタスは保存できる?
  4. レタスは冷凍保存できる|方法やポイントを紹介|おいしい食べ方も
  5. 大根を捨てずに保存するには?|日持ちする方法を紹介|農家が解説
  6. 大根の保存方法・発泡スチロールで!保存期間は冷蔵庫で長持ち
  7. 大根の保存食|作り置きできるレシピを紹介|農家が解説
  8. 大根の長期保存方法は畑で長持ちするには土に埋める|農家が解説
  9. 大根の葉の保存|漬物・塩漬けなど日持ちさせる方法

 

保存

レタスは冷凍保存できる|方法やポイントを紹介|おいしい食べ方も

レタスの冷凍保存について紹介します。レタスは冷凍保存できます。保存期間は3~4週間になります。スープや炒め物、蒸し物にするとよいです。サラダなどの生食には向きません。農家の「てんぞ」が解説します。
2021.08.13
保存

レタスの保存方法|爪楊枝で長持ち?ちぎったレタスは保存できる?

レタスの保存方法を紹介します。芯に爪楊枝を刺す、小麦粉をまぶすと長持ちします。保存期間は3週間です。新聞紙に包み、ジップロックに入れて冷蔵庫で保存します。ちぎったレタスは水につける、タッパーに入れます。農家の「てんぞ」が解説します。
2021.08.13
保存

サニーレタスが長持ちする保存方法|冷凍できる・芯は残したまま?

サニーレタスの保存について紹介します。サニーレタスは冷蔵、冷凍できます。芯は残したほうが長持ちします。ちぎった場合も保存可能です。包丁でカットすると変色しやすいです。冷凍はジップロックに入れます。農家の「てんぞ」が解説します。
2021.08.13
保存

レタスの保存|冷蔵、冷凍の保存方法を紹介・サニーレタスも

レタスの保存についてまとめています。冷蔵、冷凍保存ができます。芯に爪楊枝を刺す、小麦粉をつけると長持ちします。ちぎったレタスは保存袋に入れて冷凍しましょう。サニーレタスも同様です。農家の「てんぞ」が解説します。
2021.08.13
保存

大根の葉の保存|漬物・塩漬けなど日持ちさせる方法

家庭菜園や、スーパーで買ってきた大根の葉を保存する方法を紹介します。これを読めば、大根の葉を保存食として長期保存する方法がわかります。大根の葉の漬物、佃煮にするレシピも載せています。現役農家の「てんぞ」が解説します。
2021.06.17
保存

大根の長期保存方法は畑で長持ちするには土に埋める|農家が解説

家庭菜園で栽培した大根を畑で保存する方法について、紹介します。土に埋めて土の中で保存することで冬越しして長持ちできます。寒冷地でも可能です。春大根は冷蔵、冷凍保存がいいです。農家の「てんぞ」が解説します。
2021.06.17
保存

大根の保存食|作り置きできるレシピを紹介|農家が解説

大根の保存食のレシピ、作り方について、紹介します。大根は保存食にすることで、作り置きできます。大根の保存食には、煮物、漬物、切り干し大根などがあります。また、離乳食の保存食を作ることも可能です。現役農家の「てんぞ」が解説します。
2021.06.17
保存

大根の保存方法・発泡スチロールで!保存期間は冷蔵庫で長持ち

大根の保存方法・仕方、保存期間について紹介します。大根は冷凍、冷蔵庫で長持ちします。丸ごとそのまま新聞紙に包んだり、千切りなどにカットします。つまや茹でた大根も大丈夫。常温でも発泡スチロールで大量保存。冬や夏の方法も紹介。農家の「てんぞ」が解説します。
2021.06.17
保存

大根を捨てずに保存するには?|日持ちする方法を紹介|農家が解説

大根の保存について紹介します。大根は冷蔵庫で冷蔵、冷凍保存できます。発泡スチロールで常温保存も可能です。畑でも、土の中に埋めれば冬越しします。煮物、漬物、切り干し大根にすれば保存食になります。大根の葉は漬物、佃煮にすると日持ちします。農家の「てんぞ」が解説します。
2021.06.17
タイトルとURLをコピーしました