玉ねぎの保存方法|初心者でも簡単|農家が教える

玉ねぎの保存方法育て方
この記事は約5分で読めます。

 

家庭菜園初心者でもできる、玉ねぎの保存方法を紹介します。

 

家庭菜園で玉ねぎはとても人気がありますが、ついつい作りすぎて余らしてしまうことがあります。

そんなときに、保存方法が分かっていれば、収穫後の玉ねぎを腐らせずに長期間食べられますよね。

保存方法しだいでは収穫してから10か月以上も持つので、知っておいて損はないです。

また、保存方法だけでなく、品種選び、栽培の仕方などにも気をつけることで、長期保存がしやすくなります。

 

現役農家の「てんぞ」が解説します。

 

 

スポンサーリンク

家庭菜園・玉ねぎの保存方法|品種は中晩生

玉ねぎには、長期保存に向く品種と向かない品種があります。

家庭菜園で長期保存に向いているのは、中晩生の品種です。

早生の玉ねぎは収穫まで早く家庭菜園で育てやすいですが、長期保存には向きません。

 

長期保存できる中晩生の品種には、「もみじ3号」、「ネオアース」、「パワー」などがあります。

保存方法しだいでは、家庭菜園でも10か月以上も保存できます。

 

玉ねぎの種や苗を買うときは、保存に向く品種か確認しましょう。

 

 

家庭菜園・玉ねぎの保存方法|栽培時に肥料をやりすぎない

玉ねぎを長期保存するためには、栽培中の肥料の与え方が重要です。

 

玉ねぎは肥料を与えすぎると、腐りやすくなります。

家庭菜園で長期保存するためには、適量の肥料で育てましょう。

また、4月以降の玉ねぎの肥大期に追肥をすると、腐りやすくなります。

追肥は3月までにして、それ以降はしないでください。

 

 

家庭菜園で収穫した玉ねぎの保存方法|天日干しして乾燥させると長持ちする

玉ねぎは、収穫するときに乾燥していると長期保存できます。

そのために、玉ねぎの収穫は、収穫の前後で晴れが続く日に行いましょう。

収穫した後は1~2日畑に置いて乾燥させてください。

収穫が遅くなって6月になると、梅雨に入るので、それまでに採れるものは採っておくのがよいです。

 

収穫の目安は、玉ねぎの葉が倒れてから1週間くらいです。

収穫が遅くなり葉が枯れはじめてから収穫すると、腐りやすくなります。

 

 

家庭菜園で収穫した玉ねぎの保存方法|葉を15cm残す

収穫するときに、玉ねぎの葉を15cmほど残して切っておくと、長持ちします。

 

玉ねぎの葉を残すと、保存中に発芽しやすくなります。

発芽すると、玉ねぎの玉の栄養が葉にいってしまい、玉の栄養が少なくなります。

また、保存がきかなくなります。

 

葉を全部切ってしまうと、玉ねぎに菌が入り、病気にかかりやすいです。

また、肩落ちの玉ができやすくなるので気をつけてください。

葉を少し残しておくことで、葉の切り口から菌が入ったとしても、玉ねぎの玉まで菌が入りづらくなり、病気にかからなくなります。

 

 

家庭菜園で収穫した玉ねぎの保存方法|やり方

家庭菜園の玉ねぎの保存方法には、「コンテナに置く」、「ひもで吊るす」というやり方があります。

 

どの保存方法でも、玉ねぎの長期保存で重要なのは以下の点です。

・日陰に置く

・乾燥させる

・涼しい場所で保存

 

玉ねぎは湿気が多いと腐りやすいです。

また、日光に当てると傷みます。

玉ねぎは、雨の当たらない、風通しのいい日陰で乾燥させて保存するのが大切です。

 

保存方法①コンテナ

家庭菜園で一番簡単な保存方法は、コンテナに入れておくことです。

大量に玉ねぎある場合、楽したい場合は、このやり方がいいです。

 

コンテナでの保存方法

家庭菜園で収穫した後、畑で1~2日天日干しします。

天日干しした後、病気にかかっていない、乾燥した玉を選んで、コンテナに詰めます。

コンテナに詰める量は、7割くらいまでにしてください。

満杯に詰めてしまうと、隙間がなくなり多湿になります。

また、上にもう一段コンテナを載せると玉が潰れてしまいます。

 

コンテナは地面に直接置かず、下に空のコンテナを置く、ブロックを敷くなどで隙間をつくりましょう。

そうすることで、通気性が良くなり、玉ねぎに虫がついたり、土に触れて腐るのを防げます。

出典:https://blog.goo.ne.jp/midorinet002/e/258382b7bae625eb49faf526ea254d2d

出典:https://blog.goo.ne.jp/midorinet002/e/258382b7bae625eb49faf526ea254d2d

 

保存方法②吊るす

玉ねぎを吊るす保存方法のほうが、コンテナより家庭菜園で長期保存できます。

 

吊るす保存方法

収穫した後、畑で1~2日天日干しします。

乾燥した玉ねぎを雨の当たらない、日陰で風通しのいい場所に吊るします。

吊るす場所は、家の軒下、ベランダなどです。

軒下に竹竿を通したり、ベランダの物干し竿などに吊るします。

玉ねぎの葉をひもで縛って竿にくくりつけたり、玉ねぎをネット袋に入れて吊るします。

玉ねぎの保存方法

 

 

 

関連記事

タイトルとURLをコピーしました