レタスは冷凍保存できる|方法やポイントを紹介|おいしい食べ方も

保存
この記事は約3分で読めます。

レタスの冷凍保存について、紹介します。

 

レタスは方法を守れば、冷凍保存できます。

冷凍するレタスは、傷んでいない鮮度のよいものが適しています。

水気を切って、手でちぎって、保存袋に入れます。

包丁でカットすると変色しやすいので、手でちぎるようにしましょう。

保存期間は、3~4週間になります。

冷凍したレタスは、スープや炒め物、蒸し物にするとよいです。

シャキシャキとした食感はなくなるので、サラダなどの生食には向きません。

 

農家の「てんぞ」が解説します。

 

スポンサーリンク

正しい方法ならレタスは冷凍保存できる|生食には向かない?加熱調理がよい

 

レタスは冷凍保存できないと思われがちですが、ポイントを抑えて、正しい方法で保存すれば冷凍できます。

レタスを冷凍する方法や、冷凍したレタスの美味しい食べ方について紹介します。

 

レタスを冷凍保存する方法|包丁でカットすると変色しやすい

レタスを水洗いして、水をキッチンペーパーなどでふき取ります。

適度な大きさにレタスを手でちぎってください。

レタスは金属に触れると酸化するため、包丁でカットすると変色してしまうかもしれません。

手でちぎるようにしましょう。

ちぎったレタスを保存袋に入れて、空気を抜いてから密閉します。

傷んだ部分、変色した部分は取り除きましょう。

そのまま冷凍庫で冷凍保存してください。

レタスを急速に冷凍することで、変色を防ぐことができます。

アルミホイルで保存袋を包んだり、保冷剤を一緒に置いたりすることで、短い時間で冷凍できます。

 

冷凍したレタスの保存期間は、3~4週間です。

 

レタスは傷みやすいので、鮮度のあるうちに冷凍するのがよいです。

 

レタスは、冷凍すると栄養が残りやすいといわれています。

 

サニーレタスなども同様に冷凍保存できます。

 

冷凍保存したレタスはスープ、炒め物にするとおいしい

冷凍したレタスは、スープや炒め物、蒸し物などの加熱して調理する料理に使えます。

冷凍するとシャキシャキとした食感はなくなるので、サラダなどにして生で食べるのには向きません。

解凍すると水分がなくなり、水が出てベチャっとするので、冷凍したまま料理に入れましょう。

 

スープならみそ汁やコンソメスープ、炒め物なら野菜炒めやチャーハン、蒸し物なら酒蒸しなどにするとおいしいです。

スープや蒸し物にすると、レタスから出る水分が無駄になりません。

チャーハンにしたときに、レタスの水分が少し出てベチャっとすることがあります。

もし嫌なら、あんかけチャーハンにすると気にならないです。

 

 

関連記事

  1. レタスの保存|冷蔵、冷凍の保存方法を紹介・サニーレタスも
  2. レタスの保存方法|爪楊枝で長持ち?ちぎったレタスは保存できる?
  3. レタスは冷凍保存できる|方法やポイントを紹介|おいしい食べ方も *当記事
  4. サニーレタスが長持ちする保存方法|冷凍できる・芯は残したまま?
タイトルとURLをコピーしました