栄養

レタスは糖質量の少ない野菜|糖質制限ダイエットに向いている

レタスの糖質について紹介します。レタスは糖質量が少ないです。キャベツの半分くらいです。サニーレタスなど種類によって糖質量は違います。レタスは糖質制限ダイエットに向いています。糖質の低い食品と一緒にすると糖質制限ダイエットによいレシピです。
2021.08.13
栄養

レタスの食物繊維量は少ない?1個分だとどれくらい?

レタスの食物繊維について紹介します。食物繊維量は1個分でも少ないです。不溶性が多く、水溶性は少しです。他の野菜のランキングや、キャベツなどと比較してみてみましょう。
2021.08.13
栄養

レタスは栄養ないけど低糖質、低カロリーでダイエットによい

レタスの栄養についてまとめています。レタスは栄養がないですが、ビタミンA,C,Kが含まれます。低糖質、低カロリーです。ダイエット向き。食物繊維の量は少ないです。特に水溶性は少しだけです。
2021.08.13
スポンサーリンク
保存

レタスは冷凍保存できる|方法やポイントを紹介|おいしい食べ方も

レタスの冷凍保存について紹介します。レタスは冷凍保存できます。保存期間は3~4週間になります。スープや炒め物、蒸し物にするとよいです。サラダなどの生食には向きません。農家の「てんぞ」が解説します。
2021.08.13
保存

レタスの保存方法|爪楊枝で長持ち?ちぎったレタスは保存できる?

レタスの保存方法を紹介します。芯に爪楊枝を刺す、小麦粉をまぶすと長持ちします。保存期間は3週間です。新聞紙に包み、ジップロックに入れて冷蔵庫で保存します。ちぎったレタスは水につける、タッパーに入れます。農家の「てんぞ」が解説します。
2021.08.13
保存

サニーレタスが長持ちする保存方法|冷凍できる・芯は残したまま?

サニーレタスの保存について紹介します。サニーレタスは冷蔵、冷凍できます。芯は残したほうが長持ちします。ちぎった場合も保存可能です。包丁でカットすると変色しやすいです。冷凍はジップロックに入れます。農家の「てんぞ」が解説します。
2021.08.13
保存

レタスの保存|冷蔵、冷凍の保存方法を紹介・サニーレタスも

レタスの保存についてまとめています。冷蔵、冷凍保存ができます。芯に爪楊枝を刺す、小麦粉をつけると長持ちします。ちぎったレタスは保存袋に入れて冷凍しましょう。サニーレタスも同様です。農家の「てんぞ」が解説します。
2021.08.13
育て方

レタスの種類と品種を紹介|リーフレタス、サラダ菜など|農家が解説

レタスの種類と品種を紹介します。リーフレタス、サラダ菜、ロメインレタスやサンチュなど様々です。形が半結球やギザギザのレタスがあります。種の品種には、夏まきや春どりなどがあります。農家の「てんぞ」が解説します。
2021.08.13
育て方

レタスの収穫は株元を包丁で刈る|時間は朝がおすすめ|農家が解説

レタスの収穫について紹介します。レタスの収穫時期は春と秋冬です。時間は朝がおすすめになります。収穫の仕方・方法は包丁で株元を刈ります。リーフレタスはかきとり収穫できます。レタスミックスはベビーリーフで収穫できます。農家の「てんぞ」が解説します。
2021.08.13
育て方

レタスの害虫の種類と対策|アブラムシには銀線の防虫ネット

家庭菜園のレタス栽培の害虫について紹介します。レタスにつく虫の種類はアブラムシ、ナメクジなどです。サニーレタスやリーフレタスも同様です。防除や対策には防虫ネット、農薬が有効です。虫食い、虫の卵の被害を減らせます。農家の「てんぞ」が解説します。
2021.08.13
タイトルとURLをコピーしました