ジャガイモの育て方・畑の場合|初心者でも簡単な栽培方法

ジャガイモ 育て方 畑育て方
この記事は約8分で読めます。

 

家庭菜園初心者でもできる、畑でのジャガイモの育て方を紹介します。

植えつけから収穫まで、土作り、肥料、水やりの頻度など栽培のコツも。

育て方さえわかれば、誰でも簡単、楽においしいジャガイモが作れます。

 

現役農家の「てんぞ」が解説します。

 

 

スポンサーリンク

ジャガイモの育て方|ナス科の野菜で、でんぷんが豊富

ジャガイモ 育て方 畑

 

ジャガイモはナス科の野菜です。

 

スーパーで売っているジャガイモは、茎(地下茎)が肥大したものです。

 

ジャガイモはでんぷんが豊富で、栄養のある野菜です。

煮つめて肉じゃがにしたり、ゆでて粉ふきいもやジャガバターで食べるとおいしいです。

 

ジャガイモには、袋で育てる方法もあります。

 

 

ジャガイモの育て方・畑|栽培時期は初心者には春がおすすめ

ジャガイモ 育て方 畑

 

畑で栽培するジャガイモは、春と秋に植える育て方があります。

 

栽培時期

植えつけ:3月~4月上旬/収穫:6月

植えつけ:8月下旬~9月中旬/収穫:12月

 

※栽培時期は、品種、地域によって違いがあります。

 

ジャガイモの生育適温は10~25℃と、涼しい気候を好みます。

ただ、寒さには弱く、平均気温が10℃を超えた時期が植えつけに適しています。

春のほうが涼しいので、初めてジャガイモを育てる方は春のほうが栽培しやすいです。

 

 

ジャガイモの育て方・畑|種の準備

ジャガイモ 育て方 畑

 

ジャガイモの種は食用のものより市販の種を使うといいです。

食用のジャガイモは、ウイルスの病気にかかりやすいです。

 

種が40~50g以上だと収量があまり変わらないため、80g以上の種は半分に切って植えるとお得です。

ジャガイモの種の切り方は、頂芽部(種のてっぺんの芽がたくさん出てる所)を軸にして、縦に切断します。

横に切ると、繊維を切ってしまい、水分と養分がなくなります。

なるべく芽の数が均等になるように切りましょう。

ジャガイモの種 頂芽部

ジャガイモの種 頂芽部

頂芽部を軸に縦に切る

 

切った種は、日陰に2~3日乾かすか、切断面に草木灰をつけます。

切ってすぐに畑に植えると、病気にかかりやすくなり、腐りやすいです。

ジャガイモの種に草木灰をつける

種を2~3日乾かすと、乾燥して白い膜ができる。

 

 

ジャガイモの育て方|畑の土作り・植えつけ

 

ジャガイモの土作りと植えつけは、同時に行います。

 

ジャガイモの育て方|畑の土作り〜植えつけ

ジャガイモは、日当たり、水はけのよい場所で育てます。

ジャガイモには連作障害があるので、2~3年はナス科の野菜を植えてない所で栽培したほうがいいです。

 

ジャガイモは根を深く張るので、植えつける畑を深さ20~30cmまでよく耕して、土を柔らかくしましょう。

耕したら、深さ10cmの溝を作ります。

その溝に、ジャガイモの種を30cm間隔で植えつけましょう。

切った種を植える場合は、切断面を下にして植えると芽が出やすいです。

 

ジャガイモの育て方|畑に肥料をまく

ジャガイモの種と種の間に、たい肥と肥料を置くようにまきます。

肥料をまいたら、溝に土を被せます。

土を被せすぎると、芽が出なくなるので、掘った溝の分だけ(10cm)被せればいいです。

植えつけの時点では畝を立てる必要はなく、後の土寄せでだんだんと畝を立てていきます。

 

芽が出るまでは、土が乾燥していたら軽く水やりをしてください。

 

ジャガイモの育て方|肥料の種類

ジャガイモの肥料はチッソを控えめにして、カリウムを多めにするといいです。

カリウムを多くすることで、根や茎の生育がよくなります。

チッソが多いと、葉が繁茂して、根や茎が育ちづらくなります。

 

カリウムを多く含む肥料には、有機肥料だと草木灰、化学肥料だと硫酸カリなどがあります。

また、化成肥料にはチッソ:リン酸:カリウム=3:10:10のものがあります。

それらの肥料がない場合は、ジャガイモ専用の肥料を用意するのが楽です。

[itemlink post_id=”7904″]

 

ジャガイモの生育に合う土壌酸度は、ph=5.5~6.0です。

ジャガイモはアルカリよりの土壌だと、そうか病にかかりやすくなるので、石灰の量は控えめにしてphを上げないほうがいいです。

 

 

ジャガイモの育て方|畑栽培なら水やりは控えめにする

 

 

 

ジャガイモは水やりを頻繁にする必要はありません。

乾燥気味に育てたほうがよく、水やりをしすぎると腐りやすくなります。

晴天が長く続いて葉がしおれるほど乾燥したら、水やりをすれば十分です。

 

袋やプランター栽培の場合は、土がかなり乾燥していたら、軽く水やりをしましょう。

畑に植えた場合は、基本的に水やりは必要ありません。

 

 

ジャガイモの育て方・畑|芽かき・土寄せ・追肥

 

ジャガイモの育て方|芽かき

芽かきとは、畑の地表に出ているジャガイモの芽を間引くことです。

芽かきをせずに、葉が繁茂すると、ジャガイモの玉が大きくなりません。

なので、芽を2~4本に間引きます。

 

芽かきは、芽が10cmくらいのときに行います。

芽はそのまま引き抜いても、ハサミで根元を切っても、どちらでも大丈夫です。

 

残す芽が少ないほど大きいイモができ、芽が多いほどイモの数が増えます。

残す芽の本数は、お好みでいいかと思います。

込み合ったジャガイモの芽

芽をつかんで、

引っこ抜く

芽かきして、3本に残す

 

ジャガイモの育て方|土寄せ

芽かきをすると、葉の本数が減ることでぐらつきやすくなるので、畑の土寄せを行います。

 

ジャガイモの玉は、畑の地表に出ていると緑化します。

緑化した部分はソラニンという毒素で、食べられなくなります。

土寄せをすることでジャガイモの緑化を防ぐことができます。

ジャガイモの玉は植えた種より畑の地表付近にできるため、ほっておくと地表に出てきてしまいます。

なので、土寄せをして、イモが地表に出ないようにします。

 

ジャガイモの育て方|追肥

生育が悪い場合は、土寄せと同時に追肥を行います。

土寄せをする前に、畝の脇に肥料をまいてください。

 

 

ジャガイモの育て方・畑|収穫は畑が乾燥している時がいい

 

ジャガイモの葉が黄色くなり、枯れてきたら収穫時期です。

スコップで土を掘り起こして収穫しましょう。

地中のジャガイモを傷つけないように、芽から20cmくらい離れた所から掘り起こすといいです。

 

雨で畑に水分の多いときに収穫すると、ジャガイモが腐りやすいです。

また、重労働になります。

晴天でよく土の乾いた時に収穫するのが適しています。

 

収穫した後のジャガイモは、冷暗所で通気性のいい場所で保存すると、長く持ちます。

 

 

ジャガイモの育て方|病気・害虫

 

ジャガイモの育て方|病気

アルカリよりの土壌(ph=7.0以上)だと、そうか病にかかりやすいです。

苦土石灰などの肥料の量は控えめにして、phを上げないようにしましょう。

 

ジャガイモは多湿状態だと、疫病、軟腐病などの病気になりやすいです。

畑の水はけが悪い場合は、密植を避ける、高畝にする、たい肥を施す、水やりを控えるなどして通気性、排水性をよくするといいです。

 

ジャガイモの育て方|害虫

ジャガイモ栽培で気をつける害虫は、アブラムシ、テントウムシダマシ、ヨトウムシなどです。

見つけた段階で、早めに捕殺して増やさないことが大切です。

アブラムシは、銀線を張ることで被害を減らすことができます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました