家庭菜園の肥料の基本と各野菜の肥料

家庭菜園の肥料の基本と各野菜の肥料肥料

家庭菜園の肥料の基本、そして各野菜の肥料について紹介します。

肥料の基本と言いましても、特に重要なのは、そのうちの3つです。

現役農家が書いている記事です。各記事内容について、詳しくは、リンクからご覧ください。

 

肥料の3要素

植物の成長に必要な成分は17種類あります。

このうち、肥料として必要な成分は、必要量に従って、大量要素と中量要素と微量要素に分けられます。

家庭菜園の肥料として使われるのは、体調要素の成分の窒素・リン・カリウムです。本編の記事ではさらに詳しく紹介しています。

肥料の三要素と成分|農家が教える|初心者でも簡単にわかる

肥料の使い方では、元肥(もとごえ)と追肥(ついひ)があります。

元肥とは、栽培の前の土づくりの時に使います。追肥は、野菜の生育に合わせて、使うものです。肥料の量は、野菜によって違いますので、注意しましょう。

肥料の種類|使い道や効果、保管方法などを紹介|農家が解説

 

大根の肥料

大根は、肥料の吸収が良いので、肥料の量は少なくて良いです。

大根にはどんな特徴の肥料が合うのか、について紹介しています。また、肥料のやり方についても配慮すべきことがあります。

また、生育が悪い時には、追肥をやる必要があります。追肥のタイミングは、間引き、中高の時に行うのが良いです。

大根の肥料のやりすぎに注意!おすすめは鶏糞?|肥料不足も注意

 

ほうれん草の肥料

ほうれん草の肥料では、成分バランスが良いものを選びましょう。

窒素が十分に十分に入っているだと、葉の生育が良くなります。肥料の量が多すぎたり、少なすぎたりしないように注意してください。

ほうれん草は、酸性の土があいません。phを中性に近づくように、石灰を撒いてください。

日本の土は酸性が多いですが、土の酸度が高いと、生育不良になります。

ほうれん草の肥料、堆肥のおすすめは?石灰でpHを調整する

 

レタスの肥料

レタスを育てるのは、マルチ栽培がおすすめですが、その場合、追肥がしにくいです。ですので、元肥には、緩効性の有機肥料を使って追肥をしない方法で育てます。

しかし、有機肥料だけだと、肥料切れを起こす可能性があります。その場合、化成肥料も混ぜて使うと良いです。

レタスの肥料と土作り|種類や肥料切れ|農家が解説

 

土作り

レタスの肥料と土作り|種類や肥料切れ|農家が解説

家庭菜園のレタスの肥料と土作りを知りたい方は必見!この記事では、レタスにおすすめの肥料や土作りのポイントを解説しています。実は、レタスの土作りではマルチを使うとよいです。この記事を読めば、レタスがよく育つ肥料と土作りのコツが分かります。
2022.07.02
肥料

大根の肥料のやりすぎに注意!おすすめは鶏糞?|肥料不足も注意

大根の肥料について知りたい方は必見!この記事では、大根の肥料のおすすめや効果、やり方を解説しています。実は、大根は肥料少なめでもよく育ちます。この記事を読めば、大根が立派に育つ肥料の与え方が分かります。
2022.04.22
肥料

肥料の三要素と成分|農家が教える|初心者でも簡単にわかる

家庭菜園の肥料の三要素と成分について知りたい方は必見!この記事では、肥料の三要素を含む成分の種類や特徴を解説しています。肥料の三要素は野菜の生育にとても大事です。この記事を読めば、家庭菜園で野菜に合った肥料を与えられるようになります。
2022.02.11
肥料

肥料の種類|使い道や効果、保管方法などを紹介|農家が解説

家庭菜園の肥料の種類について知りたい方は必見!この記事では、肥料をまく意味や効果、種類ごとの特徴について解説しています。実は、おすすめの肥料の選び方や管理方法も紹介します。この記事を読めば、家庭菜園がうまくなる肥料のポイントが分かります。
2022.02.09
肥料

ほうれん草の肥料、堆肥のおすすめは?石灰でpHを調整する

ほうれん草に与える肥料で悩んでいる方は必見!この記事では、ほうれん草の生育にあった肥料について解説しています。実は、ほうれん草は与える肥料によって育ちが違います。この記事を読めば、ほうれん草にどのような肥料を与えればよいかが分かります。
2022.02.01
タイトルとURLをコピーしました