さつまいもの収穫方法|つる切りの仕方は?傷つけない土の掘り方は?

家庭菜園でのさつまいもの収穫方法について、紹介します。

傷をつけない収穫の方法やつる切りの仕方、収穫前の準備などをまとめています。

さつまいもの茎(つる)の処分方法も載せています。

農家の「てんぞ」が解説します。

目次

さつまいもの収穫方法|収穫時期は9~11月

さつまいも,収穫,方法

さつまいもの収穫時期は、9~11月です。

ただ、品種や地域によって違うので、気をつけてください。

収穫時期の目安は、葉が黄色く枯れてきて、植え付けから4~5カ月経ったころです。

収穫時期を見極めるのに不安があるなら、収穫適期の1カ月ほど前に、試しに少し掘ってみるとよいです。

芋が20㎝くらいなら収穫できます。

さつまいもの収穫方法|準備する道具やつる切りなど

さつまいもの収穫をする前に、準備をする必要があります。

収穫前の準備には、以下のものがあります。

・道具を用意する

・つるを切る

・マルチをはがす(マルチ栽培の場合)

さつまいもの収穫方法|準備する道具

まず、さつまいもを収穫するための道具を用意しましょう。

必要な道具は、以下のものです。

・鎌(かま):さつまいものつるを切るのに使います。

・スコップ、鍬(くわ):土を掘り起こすときに必要です。

・手袋:素手だと怪我したり汚れたりするので、軍手があると安心です。

・コンテナ、段ボール:収穫したさつまいもを入れて運ぶのに使います。袋でもよいです。

他にも、帽子やタオルなどがあると安心です。

休憩時の飲み物やお菓子も用意しておくとよいかもしれません。

さつまいもの収穫方法|つる切りの仕方は、株元を10㎝残して切る

さつまいもの収穫の前に、つるを切っておくと収穫しやすくなります。

つる切りの方法は、株元のつるを10㎝くらい残して、鎌などで切ります。

大量にさつまいもを植えた場合には、草刈り機でつるを切ると、作業が早く済みます。

切ったつるはそのままにしておくと収穫しづらいので、畝(うね)の脇にどかしておきましょう。

さつまいもはつるがとても伸びるので、切ったつるをどかすのは大変です。

なので、つるを少し短めに切ると、どかす作業が楽になります。

さつまいものつる切りの時期

収穫の1週間前にすましておくと、収穫作業が楽になります。

ただ、収穫の当日につる切りをしても大丈夫です。

さつまいもの収穫方法|つるを切った後に、マルチをはがす

さつまいもをマルチで栽培した場合、収穫する前にマルチをはがす必要があります。

マルチをはがすのは、つるをどかしてからだと、やりやすいです。

さつまいもの収穫方法|傷つけないように株元の周りの土からスコップで掘り起こす

さつまいもは、つる切りで残しておいた株元のつるの周りを、スコップなどで掘り起こして収穫します。

さつまいもに傷をつけないために、株元の真下ではなく、周りの土から慎重にスコップで掘り起こすようにしましょう。

また、最初は浅めに土を掘って、だんだんと深く掘っていくとよいです。

土を全部掘り返すというよりは、土に空気を入れて柔らかくするような感じです。

土を柔らかくすることで、芋づるを引っ張って収穫しやすくなります。

土を掘り起こしたら、株元のつるを引っ張り上げて、一気に収穫します。

一株に何個も芋が付いているので、取り残さないようにしましょう。

収穫した後も、芋がまだ土の中にあるかもしれないです。

株元を中心に手で土を掘り起こして探ってみると、取りこぼしが減ります。

手を怪我したり、汚れたりするので、素手ではなく手袋をして収穫するようにしてください。

さつまいもの収穫方法|傷がついてしまったら?

収穫の時には、どうしてもさつまいもに傷がついてしまうことがあります。

それは、仕方のないことです。

傷のついたさつまいもは腐りやすいので、なるべく早めに食べたほうがよいです。

さつまいもの収穫方法|残った茎(つる)は土に入れて肥やしにできる

さつまいもを収穫した後のつるの処分は大変です。

つるを畑の上に置いていても、土に分解されづらいので、残ったままのことが多いです。

つるは土の中に入れることで、土の肥やしになります。

つるを切った後に畑で乾燥させて、土に埋めてください。

また、さつまいものつるは食べることができます。

栄養があり、甘くてシャキシャキです。

きんぴらやおひたしにしたり、炒めたり煮たりするとおいしいです。

さつまいもの収穫方法|まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

さつまいもの収穫方法について、紹介しました。

さつまいもの収穫方法のポイントは、以下のものです。

・収穫前に株元を10㎝残してつるを切る

・傷つけないように、周りの土から掘り起こす

・収穫した後に残ったつるは、土に入れると肥やしになる

さつまいもの収穫がうまくいけば、おいしいさつまいもが食べられます。

ぜひ、がんばってみてください。

関連記事一覧

さつまいも

さつまいもの収穫|時期や方法、収穫後の保存方法について紹介

さつまいもの収穫に失敗する原因と対策|小さい、少ないのはなぜ?

さつまいもの袋栽培の収穫|時期や目安、方法を紹介

さつまいもの品種ごとの収穫時期|8月、12月に収穫できる?

寒冷地でのさつまいもの収穫時期|北海道や東北ではいつ?

収穫後のさつまいもの保存方法|甘くするには干して寝かせる

さつまいもの収穫時期|いつ?目安は?早すぎ、遅れるとどうなる?

さつまいもの収穫方法|つる切りの仕方は?傷つけない土の掘り方は? *当記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次