堆肥でさつまいもの土作り|牛ふん、腐葉土の効果は?まく量は?

土作り
この記事は約3分で読めます。

家庭菜園初心者の方でもわかるように、堆肥でのさつまいもの土作りについて紹介します。

堆肥をまく目的や効果、種類やまく量など土作りのポイントをまとめているので、参考にしてください。

 

農家の「てんぞ」が解説します。

 

スポンサーリンク

堆肥でさつまいもの土作りをする効果・おすすめの堆肥の種類

 

さつまいも土作りに使う堆肥には、牛ふん腐葉土などがあります。

牛ふんや腐葉土を使う目的は、土壌を改良するためです。

牛ふんや腐葉土をまくことで土の排水性と通気性が向上して、さつまいもの生育がよくなります。

肥料の成分は少ないです。

さつまいもの土作り・ジャガイモの土作り|堆肥、石灰のやり方
さつまいもとジャガイモの土作りについて知りたい方は必見!この記事では、土作りの方法や肥料などを解説しています。実は、さつまいもはやせた土のほうがよく育ちます。この記事を読めば、さつまいもとジャガイモが立派に育つ土作りのコツが分かります。

 

 

スポンサーリンク

さつまいもの土作りでの牛ふんの効果、使い方

 

さつまいも土作り牛ふんをまくことで、土がふかふかになります。

土の保水性、排水性がよくなり、通気性、保肥性が向上します。

また、土の中の微生物が増える効果もあります。

 

牛ふんは、牛のふんを発酵させたものです。

土壌改良材として使うことが多く、肥料成分は少ないです。

特に、粘土質の土を改善するときに有効になります。

 

牛ふんは完熟で、臭いの少ないものを使うようにしましょう。

 

 

さつまいもの土作りで牛ふん堆肥をまく量

牛ふんをまくは、2kg/㎡くらいです。

さつまいもの植え付けの1週間前にまき、30cmほどの深さまで耕してよくすき込んでください。

 

さつまいもは肥料の成分をあまり必要としないので、牛ふんをまきすぎないようにしましょう。

牛ふんには肥料成分は少ないですが、まきすぎると生育によくないです。

 

 

スポンサーリンク

さつまいもの土作りでの腐葉土の効果、使い方

 

土に腐葉土を混ぜると土の中に隙間ができて、通気性がよくなります。

また、保水性や排水性、保肥性も向上します。

腐葉土をまくと土がふかふかになり、土中の微生物が増えます。

 

腐葉土は、落ち葉を発酵させたものです。

土壌を改良するために使います。

肥料の成分は少ないです。

 

腐葉土は、葉の色が黒くなり、形が崩れているものを使いましょう。

 

 

さつまいもの土作りで腐葉土の堆肥をまく量

腐葉土をまくは、2~3kg/㎡くらいです。

さつまいもの植え付けの1週間前にまき、30cmほどの深さまで耕してよくすき込んでください。

 

 

さつまいもの土作りの堆肥|まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

堆肥でのさつまいもの土作りについて、紹介しました。

 

さつまいもの土作りでの堆肥のポイントは、以下のものです。

・堆肥には「牛ふん」、「腐葉土」などがある

・堆肥によって土壌が改良され、さつまいもの生育がよくなる

・たくさんの量はまかないようにする

 

土作りで堆肥を使うことで土がよくなり、おいしいさつまいもが育てられます。

ぜひ、がんばってみてください。

 

 

家庭菜園の有機栽培についてもっと知りたい、という方にはオンラインスクールもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました