大根にあるビタミンCの量、効果を紹介|おすすめの食べ方も

スポンサーリンク
大根 ビタミンC栄養
この記事は約3分で読めます。

大根に含まれているビタミンCについて、紹介します。

 

大根にはビタミンCが含まれています。

大根の葉により多くあります。

根にも含まれていて、根の中心部より皮付近に多くあります。

 

ビタミンCには、免疫力を上げる、美肌効果、などの効果があります。

ビタミンCは熱に弱いので、加熱しないで生で食べると多く摂取できます。

 

大根には、ビタミンC以外にも、βカロテン、ビタミンKなどのビタミンの栄養素があります。

 

農家の「てんぞ」が解説します。

 

 

大根に含まれるビタミンCの量、効果

 

大根には、ビタミンCが含まれています。

根にもビタミンCはありますが、葉の方により多く含まれます。

 

ビタミンCの成分量(可食部100gあたり)

・葉(生):53mg

・根(皮付き・生):12mg

 

[出典]日本食品標準成分表2020年版

 

ビタミンCには、免疫力を上げる、美肌になる、などの効果があります。

ビタミンCを摂取することで、体が健康になります。

 

 

大根のビタミンCがある部位|葉に豊富、根の中心部より皮に多い

 

ビタミンCは、大根の葉により多く含まれます。

大根の葉に多い理由は、光合成をするためです。

大根の葉には、ほうれん草の約1.5倍のビタミンCが含まれています。

 

大根の根にもビタミンCはあり、根の中心部分より皮の方に多く含まれます。

 

 

大根のビタミンC|食べ方は生がよい

 

ビタミンCは熱に弱いので、生で食べるのがよいです。

サラダ、大根おろしにすると食べやすいです。

また、酸化しやすく、日が経つと少なくなるので、早めに食べましょう。

 

ビタミンCは水溶性ビタミンで、水に溶けやすいです。

大根を洗いすぎるとビタミンCが減るので、気をつけてください。

汁物にする場合は、汁も飲むとビタミンCを多く摂取できます。

 

 

大根には多くのビタミンの栄養素が含まれている

 

大根には、ビタミンC以外にもビタミンが含まれています。

特に、大根の葉に多く含まれています。

大根の葉にあるビタミンは、βカロテン、ビタミンC、K、葉酸などです。

βカロテン、ビタミンKは、ほうれん草と同じ程度含まれています。

 

大根に含まれるビタミンb2の量、効果

 

大根には、ビタミンb2も含まれています。

 

ビタミンb2の成分量(可食部100gあたり)

・葉(生):0.16mg

・根(皮付き・生):0.01mg

 

[出典]日本食品標準成分表2020年版

 

ビタミンb2は、大根の葉に多いです。

熱に弱いので、生で食べるとより多く摂取できます。

 

ビタミンb2は、脂質の代謝に関わります。

脂質をエネルギーに変えるので、ダイエット効果があります。

 

 

大根のビタミンC|まとめ

大根に含まれているビタミンCについて、紹介しました。

 

大根の葉や根には、ビタミンCが含まれています。

特に、葉に多いです。

 

ビタミンCの効果は、免疫力を上げる、美肌効果、などです。

ビタミンCは熱に弱いので、生で食べるとよいです。

タイトルとURLをコピーしました