大根の栄養|酵素やビタミンCが多い・消化促進、ダイエットになる

スポンサーリンク
栄養
この記事は約6分で読めます。

大根の栄養について、紹介します。

 

大根は栄養が少ないですが、酵素やイソチオシアネートなどの消化を助ける成分を含んでいて、健康によいです。

また、ビタミンCが多いです。

ビタミンCは熱に弱いので、生食だと多く摂れます。

切り干し大根は、栄養が豊富です。

大根の葉にはビタミン、ミネラルの栄養素が多いです。

免疫力を上げる、美肌になる、視力の低下を防ぐ、などの効果があります。

大根は低糖質、低カロリーなので、ダイエットによい野菜です。

 

農家の「てんぞ」が解説します。

 

大根の栄養|栄養素、栄養価は少ないが、酵素などが含まれて体によい

 

大根の根にある栄養素は、ビタミンC、食物繊維などです。

他にも、酵素、アリルイソチオシアネートなどの栄養成分を含んでいます。

皮の付近には、ポリフェノールがあります。

葉にはビタミン、ミネラルの栄養成分が豊富です。

切り干し大根は、ビタミンB群、カリウム、カルシウム、鉄分、食物繊維などが含まれています。

 

大根の栄養素には、免疫力を上げる、美肌になる、生活習慣病を予防する、などの効果があります。

大根に含まれる酵素は、ジアスターゼ(アミラーゼ)などです。

ジアスターゼの効果は、胃腸の活動をよくする、消化を助ける、などです。

他にも、胸やけ、胃もたれを防いだり、咳止めになります。

ジアスターゼは、加熱しないで、大根おろしなどにして生食するのがよいです。

大根の辛味の元である成分は、アリルイソチオシアネートです。

アリルイソチオシアネートには、胃液の分泌を促す、消化を助ける、咳止め、などの効果があります。

根の先端に豊富です。

また、春と夏の大根に多く含まれます。

細胞壁を破壊すると多くなるので、大根おろしで食べると効果が高まります。

 

生食にすると、熱に弱いビタミンCと酵素を摂取できます。

サラダ、大根おろし、漬物にすると食べやすいです。

漬物には、乳酸菌などが含まれています。

 

 

大根の葉の栄養|ビタミン、ミネラルが多い

 

大根の葉には、栄養が多いです。

葉に含まれる栄養素は、βカロテン、ビタミンC、ビタミンK、葉酸、カリウム、カルシウム、鉄分、食物繊維などです。

免疫力を上げる、美肌になる、視力が下がるのを防ぐ、などの効果があります。

 

生で食べると、ビタミンCを多く摂れます。

βカロテン、ビタミンKは、脂質と組み合わせて料理すると摂取量が増えます。

油炒め、ドレッシングのサラダなどの食べ方がおすすめです。

 

 

大根にはビタミンCが多い|免疫力を上げ、美肌効果がある

 

大根には、ビタミンCが多いです。

根よりも葉に豊富です。

ビタミンCには、免疫力を上げる、肌がきれいになる、などの効果があります。

ビタミンCの多い部位は、中心より根の皮付近です。

 

ビタミンCは熱に弱いので、生食のほうが多く摂れます。

生食では、大根おろし、サラダなどがおすすめです。

また、時間を置くと減るので、調理したらなるべくすぐに食べるようにしましょう。

水溶性ビタミンで水で流れやすいので、洗い方に注意してください。

汁物の汁に含まれやすいので、汁も飲むようにするとよいです。

 

大根の葉には、他にもビタミンの栄養素が含まれます。

βカロテン、ビタミンb2、ビタミンC、ビタミンK、葉酸などです。

ビタミンb2は、葉に多いです。

ビタミンb2は熱に弱いので、生で食べるとよいです。

脂質をエネルギーにする効果があり、ダイエットになります。

 

 

大根の栄養|酵素が豊富、消化を促進して胃腸を助ける

 

大根には、酵素のジアスターゼが含まれます。

ジアスターゼは、でんぷんの分解、消化に関わる消化酵素です。

根の部分にあり、先端が特に豊富です。

ジアスターゼには、消化を促す、胃腸の働きをよくする、などの効果があります。

また、胃もたれ、胸やけの予防、改善になります。

ジアスターゼは、熱に弱いです。

生食だと多く摂れます。

皮に多く含まれるので、皮ごと大根おろしにするとよいです。

調理したら、早めに食べるようにしましょう。

時間を置くと、ジアスターゼが減ってしまいます。

 

大根には、ジアスターゼ以外にも、プロテアーゼ、リパーゼ、オキシダーゼなどの酵素があります。

大根の酵素は、でんぷん、たんぱく質、脂質の分解、消化に関わります。

そのため、酵素にはダイエットの効果があります。

また、発がん性物質を抑制して、がんを予防します。

 

酵素は、加熱すると減ります。

酵素を摂るには、生食がよいです。

食べ方は、大根おろし、サラダなどがあります。

ミキサーでスムージーにするのもおすすめです。

時間を置くと減るので、調理後はすぐに食べましょう。

食前、食事中に酵素を摂ることで、消化が良くなります。

 

 

大根の栄養|糖質オフで食物繊維がある、ダイエット効果が期待できる

 

大根に含まれる糖質は、少ないです。

カロリーも低いです。

切り干し大根は、糖質とカロリーが高いです。

大根は糖質オフなので、糖質制限ダイエットに向いています。

 

糖質制限中なら、大根だけでなく肉や魚などのたんぱく質も一緒に摂るとよいです。

そうすると、料理の糖質が低くなります。

また、調味料やドレッシングが多いと、糖質が高くなるので、注意してください。

大根をおでんで食べる場合は、餅巾着やちくわなどの糖質の高い食品に気をつけましょう。

出汁にも糖質が含まれるので、あまり飲みすぎないほうがよいです。

 

大根には、食物繊維があります。

根の皮と葉に、食物繊維が豊富です。

切り干し大根は、食物繊維が根の約15倍あります。

 

食物繊維には、便通を良くする、整腸作用などの効果があります。

また、腹持ちが良く、ダイエットになります。

食物繊維を摂らないと、生活習慣病、便秘になりやすいです。

 

加熱して食べても、食物繊維は摂れます。

食物繊維は皮に多いので、皮ごときんぴらや大根おろしにするとよいです。

切り干し大根にしてもよいです。

切り干し大根は、汁物、煮物に入れるとおいしいです。

 

 

大根の栄養|まとめ

大根の栄養について、紹介しました。

 

大根に含まれる酵素やイソチオシアネートには、消化を助ける効果があります。

また、ビタミンCが多く、免疫力を上げ、美肌になります。

低糖質なので、ダイエット向きの食品です。

 

 

関連記事はこちらから

  1. 野菜の栄養
  2. 大根の栄養|酵素やビタミンCが多い、糖質オフでダイエット効果(当記事)
  3. 大根の栄養素は消化に良い、生サラダで食べると栄養価が高い
  4. 大根の葉は栄養豊富|種類と効能、効果的な食べ方を紹介
  5. 大根にあるビタミンCの量、効果を紹介|おすすめの食べ方も
  6. 大根の酵素の種類や効果、摂取方法を紹介、ダイエットになる
  7. 大根は低糖質で食物繊維が多い|ダイエット向きの健康野菜
タイトルとURLをコピーしました