大根の葉の保存|日持ちさせる方法とレシピ|農家が解説

スポンサーリンク
保存
この記事は約3分で読めます。

家庭菜園や、スーパーで買ってきた大根の葉を保存する方法を紹介します。

 

葉付きの大根があっても、根の部分だけ料理に使って、葉は余らせてしまうことも多いです。

そんなときに、葉を保存する方法を知っていれば、腐らせずに料理に使えます。

 

これを読めば、大根の葉を保存食として長期保存する方法がわかります。

大根の葉の漬物、佃煮にするレシピも載せています。

 

現役農家の「てんぞ」が解説します。

 

 

スポンサーリンク

大根の葉の保存方法

 

大根の葉の保存方法を紹介します。

 

保存方法には、以下のものがあります。

・塩ゆでして冷蔵、冷凍する

・干す

 

大根の葉の保存方法|塩ゆでして冷蔵、冷凍する

大根の葉を、塩を入れたお湯で3分くらい茹でます。

茹で終わったら、葉の水を切ります。

葉を細かく切って、袋(ジップロック)に入れます。

袋に入れたまま冷蔵で保存すれば2~3日、冷凍なら1ヶ月は持ちます。

料理に使うときは、水で洗って塩気を抜いてください。

 

大根の葉の保存方法|干す

大根の葉を適度な大きさに切って、2~3日、日当たり、風通しのよい場所で干します。

その後、袋などに入れて保存してください。

冷蔵保存なら、1ヶ月くらい持ちます。

干した大根の葉は、汁物などに使えます。

 

 

大根の葉を漬物にして長期保存する

 

大根の葉を漬物にして保存する方法を紹介します。

漬物にすることで、保存食として長期保存することができます。

 

大根の葉を漬物で保存するには、塩漬けにする

まず、大根の葉を洗い、細かく切ります。

それから、塩にまぶして漬けます。

塩もみするだけでも、1週間くらいは保存できます。

塩をまぶした葉を漬物の容器に入れて、上に重石を置き、水分を抜きます。

葉の水気をとり、袋(ジップロック)に入れて冷蔵、冷凍保存してください。

冷凍すれば、長期間保存できます。

使うときは、水で洗って塩気を抜いてください。

 

 

大根の葉を佃煮にして保存する

 

大根の葉を佃煮にして保存することができます。

佃煮にすることで、保存食として様々な料理に使えます。

 

大根の葉を佃煮で保存するためのレシピ

大根の葉の佃煮のレシピを紹介します。

 

用意するもの

・大根の葉:1本

・醤油:大さじ2

・酒:大さじ2

・みりん:大さじ2

・かつおぶし:1パック

・白ごま:お好み

 

最初に、大根の葉を水で洗い、5mmくらいに刻みます。

刻んだ葉を水に入れて、下茹でします。

茹で終わったら、葉の水気を切ってください。

葉と醤油、酒、みりんをフライパンで汁がなくなるまで煮ます。

かつおぶし、白ごまを加えて完成です。

 

 

大根の葉の保存|まとめ

大根の葉を保存する方法を紹介しました。

 

大根の葉は、塩茹で、あるいは、干すことで長期保存ができます。

また、漬物、佃煮にすることで、保存食として日持ちさせることができます。

 

タイトルとURLをコピーしました