大根を捨てずに保存するには?|日持ちする方法を紹介|農家が解説

大根の保存保存
この記事は約7分で読めます。

大根の保存について、紹介します。

家庭菜園やスーパーで買った大根は保存方法を知っていれば、うまく使い切ることができます。

 

大根は、冷蔵、冷凍で保存できます。

また、常温でも冷暗所なら大丈夫です。

育てた大根を畑でそのまま保存することもできます。

土寄せ、穴に埋めるなどの方法で、土の中で保存ができます。

煮物、漬物や、切り干し大根にすることで、保存食になります。

大根の葉も保存できます。

塩茹でにしたり、干したり、漬物や佃煮にすることで日持ちします。

 

農家の「てんぞ」が解説します。

 

 

スポンサーリンク

大根の保存方法と保存期間

 

大根の保存方法、保存期間について紹介します。

 

大根の保存方法には、以下のやり方があります。

・冷凍

・冷蔵

・常温(冷暗所)

 

冷凍

大根はカット、おろしにして冷凍保存できます。

カットする場合は、短冊切り、輪切り、イチョウ切りなどにするといいです。

 

カット、おろしにした大根を保存袋に入れて空気を抜いて冷凍保存します。

保存期間は、1カ月です。

 

冷凍の大根は、味が染みやすく、煮物、汁物にするとおいしいです。

料理に使用するには、自然解凍か、煮物や汁物に凍ったまま入れてください。

 

冷蔵

大根は、冷蔵庫の野菜室、冷蔵室で冷蔵保存できます。

 

保存方法は、大根を丸ごと(あるいは、2~3等分にして)新聞紙でくるんで冷蔵庫に保存してください。

この時、根の首元から葉を切り落としましょう。

切り口にはラップをします。

冷蔵庫には、大根を立てて保存するのがいいです。

保存期間は、1~2週間です。

 

大根は、土が付いたままでもいいです。

土は、温度、湿度を管理してくれます。

 

常温(冷暗所)

大根は、常温保存も可能です。

 

常温での保存方法には、以下のやり方があります。

・発泡スチロール

・黒ビニール

 

発泡スチロール

大根を、発泡スチロールで保存する方法を紹介します。

 

まず、根の首元から葉を切ってください。

そして、大根を新聞紙にくるみます。

発泡スチロールに入れて保存してください。

湿気ないように、蓋を少しずらしたり、蓋に穴を作るなどして通気性をよくするといいです。

発泡スチロールは、冷暗所で保存しましょう。

 

保存期間は、1カ月。冬なら、2~3カ月持ちます。

 

黒ビニール

黒ビニールで大根を保存する方法は、簡単です。

 

根の首元から葉を切ります。

黒ビニールに入れて、ビニールの口を縛ります。

冷暗所で保存してください。

これだけで、大丈夫です。

冬の間は、保存できます。

 

 

大根の保存方法|畑

 

大根は、畑の土の中に埋めて保存できます。

この保存方法は冬の間の保存方法です。

春大根はできません。

 

畑での保存方法は、二つあります。

・土寄せ

・穴に埋める

 

土寄せ

植えてある大根の首が埋まるまで土寄せすることで、畑で保存できます。

この保存方法は、霜がおりづらい、温かい地域で可能です。

 

霜や寒さから守るために、土の上にわらを被せてもいいです。

 

春先まで保存できます。

とう立ちしないように、春になったら収穫してください。

 

穴に埋める

大根を土の中に埋めると、凍らずに、水も抜けないので、長い間保存できます。

 

葉を切った大根を、完全に大根が埋まるくらいの深さの穴に入れます。

寒冷地では、寒さを防ぐために、より深めに50~70cmの深さの穴を作るといいです。

 

土に埋めることで、春先まで保存できます。

 

春大根

春大根は畑で保存できません。

育ったり、腐ってしまうからです。

 

春大根の保存は、収穫して、冷蔵、冷凍保存するのがいいです。

 

 

大根の保存食

 

大根を保存食にする方法について、紹介します。

 

大根の保存食には、次の種類があります。

・煮物

・漬物

・切り干し大根

 

他にも、離乳食の保存食も作れます。

 

煮物

大根の煮物は、豚バラ大根が簡単でおすすめです。

大根と豚バラ肉を用意すれば、あとは調味料だけで簡単に作れます。

保存期間は、冷蔵で5日、冷凍で2~3週間です。

 

漬物

大根の漬物は、長期保存が可能です。

大根の甘酢漬け、味噌漬けについて紹介します。

 

甘酢漬け

大根を甘酢(砂糖と酢を混ぜたもの)に漬けた料理です。

3カ月くらい保存できます。

 

味噌漬け

大根を味噌、醤油に漬けた料理です。

冷蔵で1週間持ちます。

 

切り干し大根

切り干し大根にすることで、長期保存ができます。

 

作り方は、大根の千切りを4~5日程度天日干しします。

軒下などの雨を防げる通気性のよい所で干してください。

 

切り干し大根は、保存袋に入れて冷暗所、冷蔵で保存します。

保存期間は、6カ月です。

 

離乳食

大根で保存可能な離乳食が作れます。

作り方は簡単です。

大根をペースト、または、細かく刻んで冷凍保存します。

 

 

大根の葉の保存

 

大根の葉を保存する方法について、紹介します。

 

大根の葉の保存方法には、以下のものがあります。

・塩茹で

・干す

・漬物

・佃煮

 

塩茹で

大根を塩茹でして保存袋で保存します。

冷蔵で2~3日、冷凍で1カ月保存できます。

 

干す

大根の葉をほどよい大きさに切り、2~3日干します。

干す場所は、日の当たる、通気性のよい所にしましょう。

袋に入れて冷蔵すれば、1カ月保存できます。

 

漬物

大根の葉を塩漬けにして保存できます。

葉を細かく切って、塩漬けにします。

冷蔵、冷凍保存できます。

冷凍なら、長期保存可能です。

 

佃煮

大根の葉を調味料(醤油、酒、みりん)で煮ることで、佃煮になります。

かつおぶし、白ごまをお好みで加えてもいいです。

 

 

大根の保存|まとめ

大根の保存について、紹介しました。

 

大根は、冷蔵、冷凍で保存できます。

冷蔵なら丸ごと、冷凍ならカット、おろしにして保存します。

常温でも、発泡スチロール、黒ビニールに入れて保存する方法があります。

 

収獲しないで、畑でそのまま保存することもできます。

やり方には、土寄せや、穴に埋めるなどがあります。

冬の間、保存できます。

 

大根は保存食にもなります。

煮物や漬物、切り干し大根にすることで保存がきいて、すぐに食べられます。

 

大根の葉も塩茹で、あるいは、干すことで保存できます。

漬物、佃煮にすることで保存食にもなります。

 

 

関連記事一覧

  1. 野菜の保存
  2. 大根を捨てずに保存するには?|日持ちする方法を紹介|農家が解説(当記事)
  3. 大根の保存方法・保存期間|冷蔵庫や冷凍、常温で長持ちする秘訣
  4. 大根の保存方法、畑で長持ちするには土に埋める|農家が解説
  5. 大根の保存食|作り置きできるレシピを紹介|農家が解説
  6. 大根の葉の保存|日持ちさせる方法とレシピ|農家が解説
  7. 大根の育て方|水やり、種まき、土寄せなどのコツ|現役農家が解説
  8. 大根の栄養|酵素やビタミンCが多い・消化促進、ダイエットになる
タイトルとURLをコピーしました