冬大根の収穫時期|遅れると?いつまで?霜が降りたらどうなる?

家庭菜園での大根の冬の収穫時期について、紹介します。

「冬のいつまで収穫できるか?」、「霜が降りたらどうなる?」、「もし収穫が遅れたら?」などの疑問に答えます。

収穫後の大根を畑で保存する方法も載せています。

農家の「てんぞ」が解説します。

目次

冬大根の収穫時期はいつまで大丈夫?

秋冬の大根の収穫時期の目安

秋冬の大根の収穫時期は、秋の種まきから60~90日頃です。

ただ、収穫までの日数は品種や地域によって違います。

立っていた外葉が垂れてきて、横に広がってきた頃が収穫の目安になります。

冬大根は霜が降りる前に収穫する

大根は、霜が降りる前までに収穫するとよいです。

霜が降りると、大根の水分が凍り、大根が傷む原因になります。

また、味と食感がよくなくなります。

特に、霜が降りやすい寒い地域では気をつけてください。

朝の気温が5℃以下だと、霜が降りやすくなります。

霜が降りたときは、霜が溶けるまで収穫しないようにしましょう。

朝ではなく、午後の暖かい時間に収穫するとよいです。

霜が降りる時期は、地域によって異なります。

北海道や東北などの寒冷地では、平年は10月下旬~11月中旬頃です。

関東や西日本などの温暖地、暖地では、11月~12月にかけてになります。

霜の被害を減らすには、もみ殻やわらを敷くとよいです。

また、マルチやトンネルも有効です。

暖地や温暖地では、大根の首元に土をかぶせることで、冬の間畑で保存することができます。

冬大根の収穫時期|遅れるとす入りなどの症状が出る

大根の収穫が遅れると、「す入りする」、「根が割れる」などの症状がでます。

大根の収穫に遅れないためには、収穫時期の前に試しに数本抜いてみるとよいです。

大根の冬の収穫時期に遅れると|す入りして味が悪くなる

す入りとは、根の内部に空洞ができ、スポンジのようにスカスカの状態になることです。

味がしなくなり、食感はぱさぱさします。


す入りが起こる原因は、大根の老化や水分不足です。

根が大きくなるのに対して、細胞が育たなくなり、大根に空洞ができます。


大根の品種には、す入りしにくい品種があります。

す入りしにくい品種を選べば、収穫が遅れてもす入りする確率が低くなります。


す入りした大根は、水分が少ないため生で食べてもおいしくないです。

そのため、サラダには不向きです。

水分を抜いて作る漬物や切り干し大根にすると、おいしく食べられます。

味が染みこみやすいので、煮物もおすすめです。

大根の冬の収穫時期に遅れると|根が割れることがある

収穫が遅れると、根が割れることがあります。

根の表面の成長がだんだんと遅くなり、根の肥大に追い付かなくなることで起こります。

大根を冬の収穫後に畑で保存する方法

冬に収穫後の大根を畑で保存する方法を紹介します。

大根を土に埋めることで、冬の間保存することができます。


まず、収穫した大根の葉を切ります。

大根を埋められるだけの深さ(30~50㎝くらい)の穴を掘ります。

その穴に、葉を切った大根を入れます。

大根を入れたら、穴を土で埋めます。


寒冷地では大根が凍りやすいので、50~70㎝くらいの深さまで穴を掘ってください。

そして、下にわらを敷いてから、大根を入れるとよいです。


この保存方法で、早春まで保存できます。

大根の冬の収穫時期|まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

大根の冬の収穫時期について、紹介しました。

大根の冬の収穫時期のポイント

・大根の収穫は霜が降りる前にする

・収穫が遅れると、「す入りする」、「根が割れる」などの症状が出る

・収穫後の大根は土に埋めて保存できる

収穫がうまくいけば、おいしい大根が食べられます。

ぜひ、がんばってみてください。

関連記事一覧

  1. 大根
  2. 家庭菜園で大根を栽培するには?保存や栄養も紹介
  3. 大根の育て方|水やり、種まき、土寄せなどのコツ|現役農家が解説
  4. 大根栽培で失敗する原因と対策|害虫、肌荒れ、奇形、短いなど
  5. 大根の肥料のやりすぎに注意!おすすめは鶏糞?|肥料不足も注意
  6. 大根の種まき方法|間隔や深さ、水やり
  7. 大根の種まきの時期|春が適期・現役農家が解説
  8. 大根の病気の種類一覧と対策|葉っぱに黒い点がある時はどうする
  9. 大根の種類一覧|人気の品種・おすすめの種類・小さい種類など
  10. 大根の間引きのやり方|現役農家が失敗しないコツを紹介
  11. 大根の収穫時期は?目安は?現役農家が解説
  12. 冬大根の収穫時期|遅れると?いつまで?霜が降りたらどうなる?*当記事
  13. 大根がす入りするとは?原因は?食べられる?|見分け方も紹介
  14. 大根の害虫対策|キスジノミハムシ、アブラムシ、センチュウなど

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次