さつまいもの収穫|時期や方法、収穫後の保存方法について紹介

家庭菜園でのさつまいもの収穫について、紹介します。

収穫時期や方法、収穫後の保存などをまとめています。



農家の「てんぞ」が解説します。

目次

さつまいもの収穫時期

さつまいもの収穫時期は、9~11月頃です。

苗の植え付け後4~5カ月経った頃になります。

ただ、収穫時期は地域や品種で違うので、気をつけてください。

さつまいもの収穫時期の目安

収穫時期の目安は、「葉が黄色く枯れた頃」、「植え付け後4~5カ月経った」の二つです。

さつまいもは収穫時期になると、葉が黄色く枯れてきます。

植え付けから4~5カ月経っていて、葉が枯れてきたら、収穫できます。

収穫時期が分からない場合は、試し堀りしてみるとよいです。

収穫時期(植え付け後120~150日)の1カ月前に、少しだけ掘ってみます。

芋のサイズが20㎝くらいなら収穫できます。

さつまいもの収穫が早い、遅いとどうなる?

さつまいもの収穫が早いと、芋のサイズが小さく、細いです。

また、甘みが少なくなります。

収穫が遅いと、形がよくなく、食味が悪いです。

サイズが大きく、甘みが少なくなります。

さつまいもは霜が降りる前に収穫する

さつまいもは、霜が降りる前に収穫しましょう。

耐寒性が低いので、霜が降りた後だと腐りやすくなります。

雨が降った後は、さつまいもの収穫をしない

雨が降った後は、さつまいもの収穫を避けるとよいです。

さつまいもに水分が多くなり、腐りやすくなるからです。

収穫は、晴れが続いて土が乾燥しているときがよいです。

寒冷地でのさつまいもの収穫時期

寒冷地とは、北海道や東北などの寒い地域のことです。

北海道でのさつまいもの収穫時期は、9月下旬~10月上旬頃です。

東北では、9月下旬~11月上旬頃になります。

植え付け後120日ほどで収穫時期を迎えます。

収穫時期の目安は、葉が黄色く枯れてきた頃です。

ただ、寒冷地(北海道)では収穫時期になっても葉が枯れないことがあります。

葉が枯れない場合は、植え付け後120日経っていることが収穫の目安になります。

さつまいもは、霜が降りる前に収穫します。

寒さに弱く、腐りやすいためです。

寒冷地では、霜が降りる時期が早いです。

北海道では、10月頃に霜が降ります。

東北は、10月下旬~11月中旬頃です。

9月に試し掘りをしてみて、サイズが20㎝くらいなら収穫できます。

品種ごとのさつまいもの収穫時期

さつまいもの品種ごとの収穫時期を紹介します。

さつまいもは、品種によって収穫時期が異なります。

紅はるかの収穫時期

紅はるかの収穫時期は、10~11月上旬頃です。

暖地では10月頃、温暖地では11月頃の収穫になります。

紅あずまの収穫時期

紅あずまは、9~11月頃の収穫です。

紅あずまが主に栽培されているのは、茨城や千葉です。

紅芋の収穫時期

紅芋は、10~11月頃が収穫時期になります。

芋が紫色をしているのが特徴です。

収穫が早いと、色が薄いので気をつけてください。

シルクスイートの収穫時期

シルクスイートの収穫時期は、9月下旬~10月頃になります。

しっとり、なめらかな食感が特徴です。

鳴門金時の収穫時期

鳴門金時の収穫時期は早いです。

8月下旬~11月頃に収穫します。

9~10月頃の収穫が多いです。

安納芋の収穫時期

安納芋は、9月下旬~12月上旬頃が収穫時期です。

特に、9~10月頃が収穫の多い時期です。

さつまいもの収穫方法

さつまいもの収穫の準備

用意する道具

さつまいもを収穫するためには、道具を用意する必要があります。

収穫に必要な道具は、「鎌」、「スコップ」、「手袋」、「段ボール」などです。

鎌は、つるを切るのに使います。

スコップは、土を掘ってさつまいもを収穫するためです。

土で手が汚れるので、手袋をして作業するとよいです。

収穫したさつまいもを運ぶために、段ボールを用意しておくと便利です。

つる切り

さつまいもを収穫する前に、つるを切っておきます。

「つる切り」という作業です。

つるを切っておくことで、収穫が簡単になります。

株元を10㎝くらい残して、つるを切ります。

切ったつるは、畝(うね)の脇にどかしておきましょう。

つる切りは、収穫の1週間前から当日の間におこなうとよいです。

マルチ栽培をしている場合は、つる切りの後にマルチをはがしておきましょう。

さつまいもの収穫方法

さつまいもを傷つけないために、株元の付近ではなく、周りから土を掘っていきます。

また、最初から深く掘らずに、浅めに掘るようにしましょう。

いきなり深く掘ると、さつまいもを切ってしまう可能性があります。

周りから土を掘って、土を柔らかくします。

土が柔らかくなったら、つるを引っ張ってさつまいもを収穫してください。

収穫が終わっても、株元にはまだ取り残した芋があるかもしれません。

なので、株元の近くを手で探ってみるとよいです。

手を汚さないために、手袋をしましょう。

袋栽培のさつまいもの収穫方法

袋栽培の場合も、つるを切って収穫します。

ただ、もしつるを切るのが面倒だったら、切らなくても収穫はできます。

ベランダなどで栽培しているなら、床を土で汚さないように、掘った土を入れるバケツなどの容器を用意しておくとよいです。

収穫した後に残ったつるは、燃えるゴミに出すことができます。

また、つるは調理して食べてもおいしいです。

さつまいもの土は、家庭菜園でまた使うことができるので、取っておいても大丈夫です。

ゴミに出す場合は、袋のまま出せます。

ただ、土をゴミに出せない自治体もあります。

ゴミに出せないときは、買ったお店やホームセンターに持っていけば、引き取ってもらえます。

さつまいもの収穫に失敗する原因と対策

さつまいもの収穫の失敗|収穫時期が違う

収穫時期を間違えると、さつまいもの収穫に失敗します。

収穫が早いと、芋が小さく、細いです。

また、甘みが少なくなります。

収穫が遅いと、形がよくなく、食味が悪いです。

甘みも少ないです。

さつまいもの収穫の失敗|折れた、傷がついた

さつまいもを収穫するときに、折れたり傷をつけたりしてしまうことがあります。

折れたり傷ができたりすると、芋が腐りやすくなります。

なるべく傷をつけないように収穫できるとよいです。

さつまいもに傷をつけないためには、株元ではなく、周りから土を掘るようにしましょう。

また、最初は深く掘らずに、浅く掘るとよいです。

収穫の際には、どうしてもさつまいもに傷がついてしまいます。

傷が少しだけついたさつまいもなら、乾燥させれば保存できます。

傷が大きいさつまいもは腐りやすいので、早く食べるようにしましょう。

さつまいもの収穫の失敗|虫食いがある

収穫したさつまいもが虫に食べられていることがあります。

虫食いにあったさつまいもは、食べられます。

ただ、虫食いの跡に菌が入って腐りやすいので、早めに食べるとよいです。

虫食いの被害が大きく、さつまいもがほとんど黒く変色しているものは、あまり食べないほうがいいかもしれません。

さつまいもの虫食いは、コガネムシなどが原因です。

肥料が多かったり堆肥が未熟だったりすると、コガネムシが増えやすいので、気をつけてください。

さつまいもの収穫後の保存方法

さつまいもの収穫後の保存方法は、干して乾燥させる

さつまいもを乾燥して保存する方法を紹介します。

さつまいもは乾燥させることで長持ちします。

また、1週間~1カ月ほど貯蔵すると、甘みが出ておいしくなります。

さつまいもを収穫した後、畑で2~3時間干してください。

畑で干すことで、さつまいもを乾燥させることができます。

畑で干した後は、1週間ほど通気性のよい日陰に置いておきます。

下に新聞紙を敷いておくとよいです。

1週間ほど乾燥させたら、さつまいもを一つ一つ新聞紙に包んで、段ボールに入れます。

新聞紙に包むことで、温度や湿度を調整します。

また、通気性をよくするために、段ボールのふたを少し開けるか、ふたに何か所か穴をあけておくとよいです。

保存するときに、ビニール袋には入れないでください。

ビニール袋は通気性が悪いので、さつまいもがダメになりやすいです。

さつまいもを入れた段ボールは、通気性のよい冷暗所で保存します。

床下の収納スペースや日の当たらない廊下などがよいです。

さつまいもは寒さに弱いので、冷蔵庫では保存しないでください。

さつまいもは、常温で保存できます。

気温10〜15℃、湿度80%くらいが保存に適しています。

保存状態がよければ、3カ月以上も持ちます。

収穫したさつまいもは寝かせると甘くなる

さつまいもは寝かせることで、甘くなります。

でんぷんが糖に変わるからです。

2〜3カ月貯蔵したさつまいもは、とても甘いです。

収穫したさつまいもの食べごろ

さつまいもの食べごろは、収穫した後1~2カ月です。

甘くておいしいです。

傷があったり、霜が降りた後に収穫したりしたさつまいもは腐りやすいので、早く食べるようにしましょう。

収穫したさつまいもが甘くない

さつまいもは収穫後すぐ食べると、甘くないです。

貯蔵することで、甘みが出ます。

さつまいもに水分が多いと、甘みが少ないです。

なので、乾燥しているときに収穫するようにしましょう。

品種によっては、甘くないものがあります。

関連記事一覧

さつまいも

さつまいもの収穫|時期や方法、収穫後の保存方法について紹介*当記事

さつまいもの収穫時期|いつ?目安は?早すぎ、遅れるとどうなる?

収穫後のさつまいもの保存方法|甘くするには干して寝かせる

寒冷地でのさつまいもの収穫時期|北海道や東北ではいつ?

さつまいもの収穫方法|つる切りの仕方は?傷つけない土の掘り方は?

さつまいもの袋栽培の収穫|時期や目安、方法を紹介

さつまいもの品種ごとの収穫時期|8月、12月に収穫できる?

さつまいもの収穫に失敗する原因と対策|小さい、少ないのはなぜ?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次